ようこそあやめ寮へ‼発障協利用者部会の皆様が大勢ご来寮・・・あやめ流おもてなし

イベント月間の10月となっていますが、今日は、あやめ寮に総勢35名の埼玉県発達障害福祉協会の利用者部会のブロック代表のご利用者様・利用者支援委員会の皆様が、県内各地から、ここ「幸手市」にお越しになられました。

私達の法人からも発障協の委員会などに参画させて頂いており、利用者部会・利用者支援委員会にも、ご利用者の代表と職員が参画しております。そんな中、利用者部会では当事者に向けた研修企画や新年会などのお楽しみイベント・ボウリング大会などを催し、交流機会などを企画運営しており、昨年度はじめて、ご利用者の代表の皆さんから「ほかの施設も見学してみたい。」という施設見学の企画があがり、昨年度に続きの企画として、あやめ寮が見学先として皆様をお迎えする立場となりました。

とにかく、せっかく幸手に来るのだから、気持ちよく過ごしていただきたいという想いで内容を検討し、私たち流のおもてなしをしようと、背伸びをし過ぎず、でも、できる限りの最大限パワーで皆さんをお迎えさせて頂きました。

内容としては、市内に点在するグループホームをバスでご案内し、権現堂桜堤の車窓観光をしつつ、ホームの見学…。見学を終えてあやめ寮に戻り、「あやメシランチ」!!あやメシランチもいろいろ考え、あやめらしいということを大切にして、お祭り等で振る舞わせて頂いている「焼きそば」「芋煮」を実演。ちょっと、張り切ってみましたが、皆さんには大盛況で、バスを降りて焼きそばを焼くにおいにつられ、あっという間に「鉄板パフォーマンス」さながらの賑わいとなり、その光景を見て「喜んでもらえているなぁ」と実感できました。その、できたての「あやメシランチ」を召し上がっていただきながら、30周年ムービーや今年度の盆踊りムービーを上映し、さらにあやめ寮のことを少しご紹介させて頂いてから、作業活動の見学を実施し、各作業場所を見ていただきました。そして、メインの「いもほり体験」をご用意して張り切っておったのですが、無情にも「あめ」が降ってきてしまい、一つ大きな芋を掘って皆さんに見せる格好となり、代わりに、あやメシおやつで「大学いも」をつまんでいただきました。

いもほり体験は残念でしたし、張り切って楽しみに来られた方々もいらしたので、申し訳ない気持ちで一杯ですが、そこを差し引いても、あやめ流おもてなし…ベストを尽くせたと思います。

私達にとって、こうした機会は非常に勉強になりますし、ある意味「高め合う機会」にもつながっていくと感じています。もともと、あやめ寮では毎年「職員研修旅行」という福利厚生がありますので、他法人への見学に伺う機会、受け入れていただく機会には慣れていて、気持ちの良いおもてなしもたくさん学んできました。ただ、なかなか大勢を受け入れる「もてなす側」としての経験は未熟でしたので、とにかく「ありのままのあやめ寮で、あやめらしいおもてなし」を大切にしたということ、私たちの理念である「笑顔」でおもてなすことができれば最高だと思っていましたので、今の私たちにとっては満足のいく一日となりました。

遠路はるばる幸手まで…皆様、ご来寮頂き本当にありがとうございました。あやめ流おもてなし…いかがでしたか?また、あやメシはいかがでしたか?これを機に、益々皆さんとの交流やつながりが深まれば幸いです。引き続き、どうぞよろしくお願いします。

また、この場を借りて、いつもおいしいあやメシを作ってくださる「ハーベスト株式会社」のスタッフの皆様へも感謝を申し上げます。色々とリクエストしてしまいましたが、食べるだけでなく、食事作りを見る楽しさを実演してくださって、より一層皆さんが喜んでくださりました。最高に美味しい「焼きそばと芋煮」をありがとうございました。

さらに、今週、介護等体験実習で頑張ってくださったお二人の学生さんにもご協力いただき感謝です。

続き写真↓↓↓も見てくださいね。

さぁ、明日は「2019年入社の皆さんの内定式」が行われます。ワクワクです(^_-) 

行事のお知らせ

今年度の二大行事はお陰様で

全て終了いたしました。

引き続き宜しくお願いします。